御忌/庭儀式(光明寺)

4月19〜25日に光明寺で「御忌」が行われ、庭儀式がお練りが1日だけ行われます。(長岡京市:4月の行事)
光明寺では毎年、法然上人の御法事を7日間おこないます。
法然上人は、1月25日に亡くなられ、法然上人の御法事を御忌と呼ぶようになりました。

その後、寒い1月の時期から春の4月に行われるようになりました。今では全国から大勢の信徒や参列者が参加されます。。
庭儀式は、御忌の中の一行事です。毎年、期間中に、一度だけ庭儀式が行われます。
日程や法要の都合により、庭儀式の日時は、毎年、同じではありません。撮ったのは10:30でした。


光明寺で行われている庭儀式とは、お稚児さんのお練りです。
光明寺の玄関方面から僧侶さん楽人さん稚児さんが列を作って歩かれます。
50〜100名ほどの稚児さんがおられたでしょうか。もみじ参道を練り歩きます。


表参道を歩かれ、御影堂に向かわれます。御影堂に入られ法要が行われ、途中で阿弥陀堂に行きます。
御影堂では、その後、日中法要が行われます。


お稚児さん達は、表参道の総門前で各、組ごとに記念撮影が行われます。
この季節は、新緑が鮮やかで風景的には申し分ないです。ただし稚児行列は親御さんがいっぱいです。


2010年に行われた「御忌/庭儀式」の様子です。


〜光明寺の行き方〜
阪急バス「光明寺」下車、徒歩3分。

きょうの沙都(トップ)