葵祭(籠神社)

4月24日に籠神社で葵祭が行われます。(宮津市:4月の行事)
籠神社の葵祭は、神が誕生したのを祝福して奉納が行われます。
太刀振りや神楽などの奉納神事は、京都府無形文化財です。
京都市の葵祭は葵の葉を付けますが、籠神社の葵祭では藤の花を付けます。
葵祭は丹後最大の祭事で、2500年の歴史を持つと言われています。


最初に難波野地区が来て神社の本殿にお参りし神門前で奉納行事を行います。難波野地区は神楽です。


神楽の最中に、本殿の方から一番太鼓が9:40に叩かれます。
一番太鼓が叩かれると、参道より神職さんが行列を組み本殿に向かいます。
手水や祓い所を経て、本殿で神事が10:00より。


葵祭の祭事と平行して奉納行事は続けられます。本殿では、祝詞奏上が…
難波野地区の神楽が続いています。神楽は「扇の舞/四方がかり/剣の舞/乱」など。


参道から溝尻地区の太刀振り・笹囃子が練り込んで来ました。神門前の盛砂を崩し太刀振りが始まりました。
太刀振りのメインは、太刀を持って前後に跳ぶところです。太刀振りは年齢順に行います。


大垣地区の大神楽が本殿横の敷地で行われています。


江尻地区のあばれ獅子が神門と本殿前を、幾度も駆け巡ります。
あばれ獅子は、神門を飛び出そうとするとなだめられますが、行列が始まる前に神門から飛び出します。


本殿での祭事が終わると、鳳輦による神幸行列が11:00より始まります。
行列は鳳輦/神職/神具/大弊(参列者)が続きます。


行列は、籠神社のまわりの道を一周します。
列の前後には、各地区が神楽や太刀振を行いながら移動するのでゆっくりと進みます。


行列が籠神社に戻って来ました。鳳輦は本殿に入り神事が12:20に行われます。
参道では、溝尻地区と江尻地区の太刀振り・笹囃子があります。神門前では神楽が行われます。


2010年に行われた「葵祭」の様子です。

〜籠神社の行き方〜
丹海バス「神社前」下車。


きょうの沙都(トップ)