矢形餅の神事(室城神社)

3月6日に、室城神社で、矢形餅の神事が10:00より行われます。(久御山町:3月の行事)
矢形餅の神事とは、山城一帯に疫病が流行した時に、多くの人が亡くなりました。
悪病退散の祈願をするため、大山崎町の宝積寺から弓矢を室城神社に奉納されたそうです。
今では、弓と矢を形どった餅を作り、疫病除けのまじないとして供えます。
この餅を食べれば疫病除けになるといい伝えらています。



釣台に載せて宮司を先頭に行列します。
昔は、筆頭総代の家から神社まで行列をしていましたが、今は簡素化され神社の横手から行列です。

境内にある祓い清め場に釣台を置き、釣台の祓い、人々の祓いを済ませ、本殿まで境内を行列します。


釣台から本殿に神饌を移し、宮司さんによる神事が行われます。
その後、神饌を本殿と社(2ヶ所)に備えます。

本殿には、弓餅と矢形餅以外に人参と大根のなますと魚も神前に供えます。上段に置かれた神饌です。


下段に置かれた神饌(弓餅と矢形餅)を2つの社に供えます。


2つの社に、弓餅と矢形餅が置かれた後に、本殿で神事が行われ、直会が行われます。
本殿で神事が終われば、お供えした本殿と社(2ヶ所)の神饌が下げられます。
弓餅は、半円になっていて、小豆が乗っていない白い部分を弓に見立てています。
矢形餅は、小さな矢に見立てています。



悪病退散の祈願が行われた後、矢形餅は氏子、参詣人に配られます。

2008年に行われた「矢形餅の神事」の様子です。

〜室城神社の行き方〜
近鉄大久保駅、京阪淀駅下車、京阪バス「田井」下車、徒歩15分。

きょうの沙都(トップ)