鉢巻飯の神事(常盤神社)

3月6日に、常盤神社で、鉢巻飯の神事が14:00より行われます。(久御山町:3月の行事)
鉢巻飯の神事とは、以前の御弓神事で、境内で弓矢が放たれたそうですが、
今は、鉢巻飯を境内の蔵王社や本社と地蔵堂に供える神事が続けられているだけです。
鉢巻飯を神前に供えるようになったのは、スサノオノミコトからお告げがあって、
「人間は何時も頭に鉢巻を締めている気持ちで額に汗しながら、仕事に精を出すことを忘れないように」と。
海の幸・山の幸の鉢巻に細縄を巻いた15センチほどの握り飯です。
今は衛生面などで、握り飯にラップが巻かれています。



神事が境内にある蔵王社前で行われます。神饌の祓い、崇敬者さんの祓いをします。


神饌は、海の幸と山の幸などと共に、鉢巻飯(細縄を巻いた15センチほどの握り飯)を供えます。
続いて、本社や地蔵堂にも鉢巻飯を供えます。


蔵王社前で祝詞をあげ終了します。崇敬者さんは直会が行われます。


2008年に行われた「鉢巻飯の神事」の様子です。

〜常磐神社の行き方〜
近鉄大久保駅、京阪淀駅下車、京阪バス「田井」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)