延年祭(浦嶋神社)

3月17日に、浦嶋神社で延年祭が10:00より行われます。(伊根町:3月の行事)
延年祭は、五穀豊穣や商売繁盛・家内安全など、長寿や豊漁・招福などを祈願して行われます。
別名、福棒祭とも呼ばれ、みくじに当たった人は願いが叶うと言われています。
また、翁三番叟が奉納される祭事としても有名です。


延年祭が行われる浦嶋神社(宇良神社)は、あの有名な浦嶋伝説の舞台にもなっている所です。
近くの砂浜から海へ行き、竜宮城で乙姫様からもらった玉手箱を持ち戻ったとされています。
戻って、玉手箱を開くと、おじいさんになる、有名な話です。
竜宮城の世界と現実での世界は時間の流れが違うと言うことです。



宮司さんを始め、本殿に入られ所定の位置で整列されます。
祓いを行った後、関係者一同さんは御神酒を授かります。



裃姿に正装した後に神事が行われます。
神事は、修祓/御塩行事/大祓の詞/大麻行事/奉幣行事などを経て、御面拝載が行われます。

御面拝載は、神職さんや関係者さん他が拝載した後に、参詣人にも御面拝載が。
正面階段の下から3段目で、「どなたも おめん ちこうよってごはい あれ」と告げるように箱を見せます。
続いて、高砂の謡や戌亥の歌が唄われ、勾欄(こうらん)を三度回る儀式が行われます。


奉幣行事の後に御幌があり、御籤(みくじ)が11:00に行われます。
くじで福棒を引き当てた人は願いが叶うとされています。
1番〜1000番まで書かれた、くじ紙が売られていて、境内に張り出された番号と同じなら、
紅白の餅や諸々と品々がいただけます。

福棒は、第一番棒〜第十二番棒まであり、それぞれ品々が違います。
第一番棒の番号は最後に発表され、一番豪華な品々です。



御籤(みくじ)が終わると、勾欄より福餅や明神花を撒きます。
撒き終えると一旦、勾欄から退場され延年祭の神事は終わります。



11:30頃に浦嶋神社の鳥居から、翁三番叟の奉納をされる方々が登場されます。
翁・千歳・三番叟・囃子方と行列は続きます。
まずは、御神酒をいただき、その後で奉納舞を披露します。
翁三番叟は、おめでたい時に踊られる舞です。最初は、千歳の舞です。

翁三番叟とは、翁(おきな)が役者の千歳(せんざい)を連れて舞を演じます。
烏帽子を被った三番叟が加わり軽業師のように舞ます。



囃子方は、左右の台座の上から鼓や笛で演奏します。続いて翁の舞です。


三番叟の舞です。3番目に演じられるので、このように呼ぶのだとか。
最初は、素面で演じられます。
面を付けていないので、激しい動きのある舞と言うのか動の三番叟です。空中に飛び上がったりします。

千歳と三番叟が合間みれ、鈴などを授かった三番叟が面を付けて、再び舞ます。


翁三番叟の奉納が終わると、本殿に神様にお辞儀をした後に、
翁・千歳・三番叟・囃子方と行列は続き、神社を出ます。



本殿前は30分ほど前から場所取りが始まります。
ただし、奉納される方々が本殿前を通られるので道を開けなければいけません。
みくじは、当選番号が好評され、半ば過ぎに購入された方がお得です。

2008年に行われた「延年祭」の様子です。

〜浦嶋神社の行き方〜<BR>
KTR「宮津駅」下車、丹海バス「浦嶋神社前」下車、徒歩2分。


きょうの沙都(トップ)