湯立神事(石清水八幡宮)

2月1日と3日に、石清水八幡宮で湯立神事が12:00より行われます。(八幡市:2月の行事)
湯立神事は、節分の一連の行事で、石清水から汲まれた水で湯立を行います。
石清水八幡宮の湯立は、3つの釜で、五穀豊穣/厄除け/無病息災を祈願して湯立が行われます。


湯立の儀式が始まる前に、神職さんが所定の位置に座られます。続いて、湯立神事が始まります。
釜の前で儀式があり、続いて中央の釜の前で塩を左右に撒きます。米も同様に、御神酒は中央の釜に注ぎます。


続いて、釜から湯を取る儀式です。釜が3つあるので湯を取る儀式も3回、行われます。神職さんに、竹筒に入った湯を渡します。
3人の神職さんに渡されると、神前に竹筒の湯を供えます。


湯取りの儀式が終わると、湯立が始まります。湯立は、中→左→右の釜の順に、釜の湯に笹を浸して振りまきます。
笹は2組あり、2度おこなわれます。
湯気が円になると良いと言われており、珍しく円を描いた残像が撮れました。円と言うより、無限大って言った具合でしょうか・・・
湯立が終了すると、見物者さんに清めを行います。参拝者用に、笹の束が数束あり、それを釜に浸し、参拝客に順番に配られます。


撮る角度により、場所取りの時間は違いますが、30分前に行かれれば十分です。

2009年に行われた「湯立神事」の様子です。

〜石清水八幡宮の行き方〜
京阪「八幡駅」下車、男山ケーブル「男山山上駅」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)