大護摩焚きまつり(柳谷観音/楊谷寺)

2月17日に、柳谷観音/楊谷寺で、大護摩焚きまつりが行われます。(大山崎町:2月の行事)
大護摩焚きまつりとは、人形の紙に願いや氏名を書いて、それを焚き上げをすることで、厄除けと招福を祈願するものです。
焚き上げをする際に、古札や御守など、一緒に焚き上げをします。楊谷寺は、吉野の大峰山より山伏さんを招いて行います。
柳谷観音の護摩供は2月と8月の2回、行われています。採灯大護摩の時は、甘酒や大根焚きの無料接待が行われています。


最初に、境内で法要が11:00に行われます。
続いて、供養塔でも法要が行われ本堂でも法要を行い、護摩壇の前で法要を行います。


法要が終われば、いよいよ護摩供養の儀式が。
最初に山伏問答が行われます。山伏さんらは吉野の大峰山より来られています。

山伏問答が終われば、弓矢の儀式です。



弓を東西南北、天と鬼門と放ち、場を清めます。


そして短剣が2種類、儀式が行われた後に点火です。ここの点火は、あっという間です。
勺に油を入れ、火を点けて松明2本に火を移します。火は祭壇からのロウソクの火です。


火が点くと煙は風の影響で四方に…
山主さんや僧侶さんが護摩木を投げ入れます。護摩木がなくなると護摩供の儀式は終了します。



柳谷観音は目に良いと言われる独鈷水があり、独鈷水を授かりに大きなペットボトルを持って来られています。

17日は行く人が多く、阪急「長岡天神駅」下車、タクシー乗り場で乗り合いタクシーに乗車できます。250円前後です。
17日だけですが、阪急「大山崎駅」から貸切バスも運行されます。


2008年に行われた「大護摩焚きまつり」の様子です。

〜柳谷観音の行き方〜
阪急「長岡京市駅」下車、乗り合いタクシーが便利。

きょうの沙都(トップ)