餅花祭(相楽神社)

2月1日に相楽神社で餅花祭が13:00より行われます。(木津川市:2月の行事)
餅花祭は、餅を花に見立て豊作を祈る神事です。
餅花の作り方は粘土を芯にして、そのまわりを藁で包み込みます。竹串に餅を刺し満開の花に仕立てます。
竹串は5本。1本の竹串はそれぞれ2つに別れ、10あります。餅は1本の竹串に5つ。3つと2つに別れています。


拝殿には各地域からの餅が吊り下げられています。本殿の神事が終わると巫女さんによる神楽舞です。
餅花が吊り下げられた拝殿の中で5分程、舞ます。


神楽舞が終わると祭事は10分で終了します。
餅花を奉仕された方が餅花を撤収し、解体してそれぞれの竹串を地域内の家々に配ります。



神楽舞は、本殿を向いておこなわれますので、後ろからでは前が撮れません。

〜相楽神社の行き方〜
近鉄「山田川駅」下車、徒歩7分。

2012年に行われた「餅花祭」の様子です。

きょうの沙都(トップ)