綱引き神事(大送神社)

1月17日に大送神社で綱引き神事が17:00に行われます。(南丹市:1月の行事)
綱引神事とは、綱を引き合うことで、秋の収穫・五穀豊穣など、今年の農作物を占う祭事です。
大送神社のある日置は、大蛇に村を荒らされている時、居合わせた武士が7本の矢で退治したと言われています。

綱の長さは、15Mほどです。綱引きをして、北が勝てば麦が豊作に。南が勝てば米が豊作に。
綱を引くのは、日置の住民で、区域により南北に20名づつ別れて行われます。


最初に、武士役の裃姿の方が矢を的に放ちます。的の後ろには大蛇を見立てた綱が置かれています。
故事では、7本の弓でしたが、今は、3本目の矢で的の真ん中に命中させます。


神事が行われて綱引きだったのですが、今は省略されています。
綱引きの準備が整うと、太鼓が打ち鳴らされて綱引きが始められます。
綱は、鳥居を真ん中にして、神社奥(画像では正面)が北。道側が南です。
綱引きは7度おこなわれ、先に4度、勝っても7度おこなわれます。
結果は、4勝3敗で南の勝ち。09年は、米が豊作って事になります。
最後に、日置の住民の他、見に来られた人に菓子が配られました。


2009年に行われた「綱引き神事」の様子です。

〜大送神社の行き方〜
JR「園部駅」下車、バス「日置」下車、徒歩2分。

きょうの沙都(トップ)