念仏行脚(西光寺〜光明寺)

1月24日に、念仏行脚が西光寺〜光明寺で行われます。(長岡京市:1月の行事)
念仏行脚とは、念仏を唱えれば誰でも往生できると、説いた法然上人に救いを求め多くの人々が集まりました。
その教えに危惧を抱いた他の教団から迫害を受けました。
法然上人の墓を破壊される直前に弟子達は亡骸を嵯峨に運び、太秦広隆寺に避難させました。
翌年、地鳴とともに石棺から数条の光明が放たれ、南西の西山の麓を照らしました。
そこに亡骸を運び荼毘に付しました。その地が光明寺です。

法然上人の亡骸は広隆寺でしたが、念仏行脚は、西光寺から光明寺までを約4時間かけて行います。
法然上人にならい、墨染めの衣と灰色の袈裟で、約15キロを歩きます。


念仏行脚のスケジュールです。
14:30光明寺で法要。15:30光明寺から太秦までバスで移動。17:30西光寺で法要後、念仏行脚の出発。21:30光明寺で法要。解散。

西光寺では、5つの寺の僧侶さんと壇信徒さんが念仏を唱えます。
※参加する人は、ここで太巻とお茶(ペットボトル)が支給されます。



念仏行脚は、今や冬の風物詩とでも言いましょうか、念仏を唱えながら、行脚します。
5つのお寺さんから僧侶さんが多数参加され、光明寺・知恩院・永観堂・誓願寺・遊行寺です。
一般の方を入れると300名ほどの行列です。
仏教大学の生徒さんも参加。この行列が一列になり太秦から光明寺まで念仏行脚をするのです。


網代笠に黒衣・袈裟姿で、鉦を鳴らし念仏を唱えながら西光寺を出発。08年の行脚は、ちょうど雪が降ってきました。
行列は、先頭が西光寺を出て、最後尾まで7分かかりました。それだけ長いと言う事です。


念仏行脚は嵐山の渡月橋を渡り、嵐山公園でトイレなどの休憩があります。


以前に撮った時は、西光院で休憩されていたのですが、今は通過しています。


松尾大社の前を通過する念仏行脚です。行列は長く、各、お寺さんがひとかたまりになり出ていきます。
参加者さんは、僧侶さん以外に一般の人も多くいます。


以前、松御大社で休憩をしていた時、楼門が閉まっている前で僧侶さんは念仏を唱える一幕も。


井戸の来迎寺で念仏と休憩。お茶とおにぎりの接待があります。
休憩後、次の目的地、寺戸の来迎寺に向かいます。寺戸の来迎寺で念仏と休憩。お茶とぜんざいの接待があります。


寺戸の来迎寺を出発して、最後の目的地の光明寺に念仏行脚は行きます。


光明寺に到着後、光明寺では、松明を照らし法然上人御火葬跡で篝火の中、法要が行われます。

念仏行脚は、西光寺と渡月橋と松尾大社だけで撮るのをやめようと思っていましたが、念仏行脚を3分の2はしてしまいました。
もともと、歩く予定ではなかったので、歩きやすい靴を履いてなかったので、もう足がクタクタでした。
そう言う理由で、最後の光明寺には行きませんでした。途中の休憩所では、接待をいただきました。ごちそうさまです。

2008・2013年に行われた「念仏行脚」の様子です。


〜西光寺の行き方〜
嵐電「帷子ノ辻駅」下車、徒歩5分。


きょうの沙都(トップ)