七草粥(大本本部)

1月9日に大本本部で、七草粥の接待が10:30〜15:00まで行われます。(綾部市:1月の行事)
1月7日は七草粥です。この日に七草粥を食べると、1年の邪気や病気が祓われると言われています。
七草とは、芹(せり)/薺(なずな)/御形(ごぎょう)/繁縷(はこべら)/仏の座(ほとけのざ)/菘(すずな)/蘿蔔(すずしろ)です。
京都で一番、規模が大きい所は亀岡の大本本部ですが、綾部にも大本本部があり、こちらは9日に七草粥が無料で接待されます。


綾部の大本本部は、大きな建物の中(白梅殿)で食します。食べられる席が4列ほどあり(1列はイス席)、列に15名ほどが。
1列ごとに交代するので、行ってもすぐに食べられません。多少の待ち時間も。ここでは、七草粥のおかわりも出来ます。
七草粥の無料接待だけでなく、お茶と和菓子も無料接待されています。外は雪が積もっていますが室内は暖かく環境は良い所でした。
膳は七草粥の他に吸い物もあり、吸い物の中には、やどり木のつくばねの実が入っています。
箸は、この建物を造る前に立てられていた木材から作った物と言われていました。


2011年に行われた「七草粥」の様子です。

〜大本本部の行き方〜
JR「綾部駅」下車、徒歩15分。

きょうの沙都(トップ)