初県祭(県神社)

1月5日に県神社で初県祭が10:00より行われます。(宇治市:1月の行事)
初あがた祭では地域を子供みこしが巡行します。京都府で一番早い神輿巡行かと思います。
大人と同様、子ども神輿で氏子地域の安全・繁栄を願います。


県神社には神輿が置かれ、子ども達の祓いや清めが。


本殿内での神事が終わると神社から神輿が12:00に出発します。
神輿巡行は広範囲で、宇治川沿いから商店街、JR宇治駅裏や京阪宇治駅の裏など3時間に及びます。


初県祭は子どもが主役の行事です。
神輿の他に、獅子舞が3組、地域をまわり祝儀を集めます。
獅子舞は黒獅子舞・赤獅子舞・黄獅子舞です。獅子舞も全員子ども達です。


頭を噛んでもらったり。


獅子舞は唯一、宇治橋の通園前で3組揃っての舞を披露します。獅子舞の子ども達です。


神輿が神社に戻っていきます。


神社では本殿前で次々に記念撮影が。
神輿が終われば獅子舞3組です。大人達は囃子方達と他です。


2017年に行われた「初県祭」の様子です。

〜県神社の行き方〜
JR「宇治駅」下車、徒歩10分。

きょうの沙都(トップ)