福給会(穴太寺)

1月3日に穴太寺で福給会が行われます。(亀岡市:1月の行事)
福給会とは、札を取ることによって福を授かると言う祭事です。
福札が3000枚、撒かれ、その中に赤札が3枚入っており、赤札を取ると、
この年の幸福を呼び、災いや厄から逃れると言われています。また、長者になるとも言われています。


福給会の法要が本堂で13:00から行われます。本堂内で護摩木が焚かれます。※本堂内は撮影が禁止になっています。
本堂での法要は、檀家さん達が見守る中おこなわれます。この法要の頃は、境内も人が少ないです。
瓶入り甘酒が大釜に入れられ、暖められ、来られた人に配られます。
法要が終わり、札を撒く場所にハシゴが掛けられ準備が整う頃には、境内も人がいっぱい。
最初に挨拶が行われ、その後に、福札を持った方が上にあがられ、続いて住職さんも・・・。


本堂の前の櫓上から3000枚の福札を団扇であおいで撒き散らします。この福札3000枚がメインの行事なんです。
福札は、3000枚あり、赤札が3枚。他に、番号が書かれた福札が32枚。あとは、番号が書かれていない福札です。
この季節、風が左から右に吹くことが多く、右側には多くの人が。たくさんの福札が落ちて来ました。
あ、赤札です。他の札に隠れるように落下。
福札を取ろうと、多くの人が上を見上げています。赤札・番号札、35枚は誰が授かったのでしょうね。


ちなみに赤札とは、こんなのです。赤札・番号札を取られた人は本堂前に置いてある賞品をいただけます。
前に置かれた、ザルに入れられた鏡餅や酒など、他が赤札の賞品です。他は、番号の賞品です。
※番号札は、年によって数は違います。
ほとんどは、右画像のような番号が書かれていない札です。
この札を、タンスや財布に入れておくと福が授かると言われ、お札を持って帰られます。


2009年に行われた「福給会」の様子です。

〜穴太寺の行き方〜
JR「亀岡駅」下車、バス「穴太寺」下車、徒歩3分。

きょうの沙都(トップ)