舞鶴港湾めぐり(京都)

海軍ゆかりの港めぐり遊覧コースでもしてみましょう。海上自衛隊の艦艇が停泊している湾内の遊覧が出来るのです。
4月〜11月までの土曜日・日曜日・祝日に港湾めぐりが行われています。
舞鶴の海上自衛隊には艦艇が12隻あるそうです。
ただし全部があるわけでもなく、航海に出ていたり、他から入港していたりと…
ちなみに日本の海上自衛隊の基地は、舞鶴の他に佐世保・呉・横須賀・大湊です。


本来、海上自衛隊のOBさんがガイドをされるのですが、お休みで現役の自衛艦さんがガイドをされていました。
すぐそこには艦船が…船が出ると横には掃海艇「すがしま」が。反対側の岸壁にはYT(曳船)の文字も。


他用途支援艦「ひうち」が。岸壁には艦船が並んでいます。
手前の艦船が補給艦「ましゅう」です。旧海軍の空母赤城級の大きさと言われていた。
長さ221M。排水量13500。現在、2番目の大きさらしいです。
ちなみに1番大きいのは「ひゅうが」で、248M。排水量19500。


舞鶴教育隊、新入隊員はここで学ぶらしいです。前方には舞鶴クレインブリッジが見えています。


造船の区域に入ると、ヘリコプター搭載護衛艦「しらね」が。修理点検などおこなっている模様。


日本の潜水艦ってレベル・性能が高いらしい。
その為、諸外国から売って欲しいと依頼があるのだけど、断っているようです。
もし売る場合は、どこの国でも性能が落ちたのを売るそうです。最新の技術を盗まれない為です。
その為、潜水艦の建造は神戸の1箇所だけとなっているようです。

掃海艇「のとじま」が。YO・YG(油船)YW(水船)が。ミサイル艇「はやぶさ」が。


海上自衛隊だから飛行場がないかと言えば舞鶴飛行場ってのがあるようです。
ただし、ヘリコプター専用の飛行場みたいですけど。

護衛艦「まつゆき」が。イージスシステム搭載ミサイル護衛艦「あたご」「みょうこう」が。


岸壁に停泊している艦艇です。手前から、ましゅう・みょうこう・あたご…


日本の艦艇の色はグレーです。
これは、日本の海と空の配色によって決まっているそうです。グレーが見えにくいようです。
これがロシアだと、黒っぽいそうです。アメリカは世界の海で活動するので白なんですって。

周遊は、30分間ですが艦艇がいろいろと見られるので楽しめました。
海上自衛隊の敷地内には、土曜・日曜・祝日に入れるようです。

「舞鶴港湾めぐり」の様子です。

〜舞鶴港の行き方〜
京都交通バス「市役所前」下車、徒歩3分。

きょうの沙都(トップ)