八尾駐屯地創立59周年記念行事(八尾)

YAO駐屯地でエアーフェスタ2013inYAOが行われました。
陸・海・空の自衛隊では、毎年、駐屯地において様々な行事・イベントが行われます。
日頃、お世話になっている地域住民さんをはじめ、関係者さんや家族の団らんまで幅広い交流を主として行われます。
八尾駐屯地は陸自ですが、空自に近い役割を持っています。ヘリコプターでの機動性をいかした部隊です。
記念式典10:00〜10:40。観閲飛行10:50〜11:30。訓練展示11:30〜12:10。
格闘展示等10:55〜11:25。戦車試乗12:30〜14:30。他…


敷地内に入ると、すぐさまヘリコプターが。


ちょうど観閲飛行が始まるところでした。ヘリコプターが次々と飛行していきます。


各、編隊となり、機種によっては単独で上空を移動していきます。
これだけのヘリコプターを上空で見るのは初めてです。


地上ではフラッグの演技が。


観閲飛行は、ヘリコプターが一列になり順々に、ヘリコプターの機種の紹介放送が。
この日の天候は曇り空だったので画像的には…
地上では格闘展示が。そして消化訓練と救難訓練です。


0H−6DとOH−1による機動飛行です。急降下や急上昇を。


いよいよ訓練展示です。内容として、敵の陣地に攻撃、制圧が目的です。
まずはUH-1Hからバイクを降ろし偵察です。軽装甲機動車やOH-1でも偵察。榴弾砲で後方支援を。


地上部隊も展開。増援部隊が合流後、攻撃で陣地制圧。


この後は、装備品展示です。一部だけです。
82式指揮通信車
りゅう弾砲
87式偵察警戒車
OH-6D
UH-60JA
OH-1
AH-1S+対戦車や弾など
LR−2
ツカタTB10

八尾駐屯地では、戦車試乗が行われています。
そして、八尾ならではのCH-47Jの試乗があります。ヘリコプターに実際に乗って飛行するのです。
輸送ヘリなので30名ほどが一同に乗れます。タイヤが付いているので滑走路に移動して飛び上がります。


装備品展示を見終えたので、これで帰りました。

2013年に行われた「八尾駐屯地創立59周年記念行事」の様子です。

〜八尾駐屯地の行き方〜
JR「志紀駅」下車、徒歩10分。

きょうの沙都(トップ)