大久保駐屯地56周年記念行事(京都)

大久保駐屯地56周年記念行事が行われました。
陸・海・空の自衛隊では、毎年、駐屯地において様々な行事・イベントが行われます。
日頃、お世話になっている地域住民さんをはじめ、関係者さんや家族の団らんまで幅広い交流を主として行われます。
大久保駐屯地は、陸自でも機動部隊があるのではなく、施設などの方が主です。
開場は9:00〜で、記念式典10:00〜11:10。
訓練展示・音楽演奏・太鼓演奏等11:10〜12:00。装備品展示・試乗12:30〜16:00。


目的は、訓練展示ですが、せっかく行くのだから記念式典の途中から行きました。
大久保駐屯地に行って見ると、入口から式典や訓練展示がある滑走路地区まで結構、離れていた。
行って見ると結構、人がいました。でも見られない程度じゃないけど…


式典では、表彰式や観閲官による部隊巡閲など。観閲官と来賓祝辞も。中部方面音楽隊です。所定の位置に待機。


観閲行進が行われ、車両のパレードみたいなのが。自衛隊の施設車両なんて滅多に見られるものじゃない。
一般的な建設車両だけでなく特殊車両もあるのですが、名前を知っている訳でもなく、適当に。

この後の訓練展示に参加する第3師団の車両も。そして74式戦車が。


続いて、訓練展示です。その前に、音楽演奏と太鼓演奏。隊員による格闘展示が。


華を添える為に毎年、大学のチアが演舞を披露。
関西外国語大学チアリーダー部(パイレーツ)による演技。※チアは、毎年違う大学が参加。


音楽・太鼓・チア・格闘はすべて滑走路地区の中央であります。

続いて訓練展示です。内容は毎年、同じようです。
地雷やト−チカ、鉄条網など敵が陣地を占拠。これを制圧するというものです。
最初は偵察バイクで状況を確認します。3周ほど。そして偵察警戒車も。


AH-1S対戦車ヘリコプターが警戒。レンジャー部隊が降下。


FH-70榴弾砲が後方から射撃。上空からAH-1S対戦車ヘリコプターによる敵陣地攻撃
地上から74式戦車が前進、射撃。
火炎放射機でトーチカを破壊します。すごい威力でした。数百メートルが一瞬のうち火が。


92式地雷原処理車が前進、地雷処理ロケットを発射。※ロケットはクレーンで吊り下げての演出。
75式ドーザで地雷撤去。155mmりゅう弾砲の支援攻撃。射程距離は、大久保駐屯地から大阪城を狙えるそうです。


小隊が突撃。装甲車や戦車などが敵陣地を制圧。
訓練展示は、これで終了。
この後、装備品展示が滑走路やグランドで行われます。ヘリが滑走路に。着陸の時は風圧やホコリが巻き上がっています。


人気の戦車やボートの試乗も滑走路や内池であります。戦車の試乗は整理券(12:30頃に配布)が必要です。


グランドで装備展示が。87式偵察警戒車/軽装甲機動車/96式装輪装甲車※訓練展示した車両は展示されています。


子供が遊べる、ふわふわすべり台も。こちらも戦車型です。


野外で音楽などのパフォーマンスや広報ではパネルの展示。
飲食などお店もあり、厚生センターには自衛隊グッズも購入できます。

2013年に行われた「大久保駐屯地56周年記念行事」の様子です。

〜大久保駐屯地の行き方〜
近鉄「大久保駅」下車、徒歩3分。

きょうの沙都(トップ)