桂駐屯地創立59周年記念行事(京都)

桂駐屯地・創立59周年記念行事が行われました。
陸・海・空の自衛隊では、毎年、駐屯地において様々な行事・イベントが行われます。
日頃、お世話になっている地域住民さんをはじめ、関係者さんや家族の団らんまで幅広い交流を主として行われます。
桂駐屯地は陸自で、輸送や整備、補給など後方支援を主におこなっています。
開場は8:45〜で、記念式典10:00〜11:00。訓練展示11:00〜11:45。装備品展示・試乗12:00〜15:00。


駐屯地解放が朝からでしたが、こちらの目的は訓練展示です。
ちょうど行ってみると記念式典が行われていました。
記念式典では部隊が入場。国旗や君が代、挨拶、祝辞や来賓の紹介など。
式典が終わる頃にラッパ隊吹奏。


続いて格闘展示。小銃を構えての格闘や体術を披露。2人組み手や1対3などの組み手。


続いて訓練展示です。訓練展示では、日頃の訓練を見せます。
桂駐屯地では不発弾の処理やトラックのタイヤの交換などの整備をします。
ストーリーとして、敵のヘリに攻撃を受け、トラックが被弾、そして不発弾が。ヘリは重機関銃を搭載した車で追い払う。

不発弾処理隊が出動し、信管を抜き火薬を爆破します。


不発弾処理が終わったので、トラックの後輪の取り替え作業が。


訓練展示が終わると装備品展示や装備品試乗です。会場にヘリ(OH−6D)が飛んできました。


装備品展示の為、車両が次々と入ってきます。一部です。
96式装輪装甲車/87式偵察警戒車/74式戦車


装備品展示では、桂駐屯地にある装備品が。一部です。


会場では、第3音楽隊の音楽演奏が行われていました。


2013年に行われた「桂駐屯地創立59周年記念行事」の様子です。

〜桂駐屯地の行き方〜
阪急「洛西口駅」下車、徒歩3分。

きょうの沙都(トップ)