深草竹あかりの夕べ(藤森神社)

11月上旬に藤森神社の境内で、深草竹あかりの夕べが行われました。
(現在、おこなわれていないと思います)

深草竹あかりの夕べは、深草特産の竹を、もっと多くの方に親しんでもらいたく、竹あかりの夕べが行われています。
竹灯(約500本)の中のロウソクに、藤ノ森小の児童が夕刻に点火をします。


竹で作られたオブジェが4作品ほど作られてあります。
伏見工業高
深草中
竹の花
おくだばらえん

竹の彫刻と呼ぶのでしょうか、綺麗な繊細な作品展が飾られています。
 

境内には、竹で作られたオブジェの他に、竹の道や、竹をハート型に並べたり…
舞殿では、18:30より雅楽と舞楽が行われました。雅楽は、越天楽(えてんらく)、五舟楽(ごじょうらく)です。舞楽は、お馴染みの蘭陵王(らんりょうおう)です。
雅楽と舞楽の間に、笙(しょう)・篳篥(ひちりき)・龍笛(りゅうてき)・太鼓(たいこ)などの説明が音で奏でられました。
  

2007年に行われた「深草竹あかりの夕べ」の様子です。

〜藤森神社の行き方〜
市バス「藤森神社前」下車。/京阪「墨染駅」下車、徒歩5分。/JR「藤森駅」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)