伏見時代扮装パレード(御香宮神社)

8月下旬に伏見時代扮装パレードが13:00より御香宮神社〜寺田屋まで行われました。
(現在、おこなわれていないと思います)
夏の伏見を大手筋商店街を盛り上げようと、時代衣装の「おかむら」さんが全面的にバックアップして行われました。

伏見時代扮装パレードに参加された方は、京都をはじめ、大阪や東京の方々25名です。
時代衣装の「おかむら」さんの所では、奈良時代から幕末までの衣装があり、今回のパレードでは、花魁に人気があったそうです。
参加者さんには、自前の衣装でパレードに参加される方もちらほらと。
男装・女装もあり、パレードで見せると言うより、参加して独自で楽しむと言う趣向の方が大きいみたいでした。



御香宮神社に集まられている参加者さんです。
神事が行われ、道中の安全を祈願してお祓いが行われます。神事が終わり、出発前に記念撮影をします。
  

伏見時代扮装パレードの参加者(20名)さんが、御香宮神社を出発します。
パレードが御香宮神社を出発し、大手筋アーケードを経て、5名がアーケードで待機していて、合流後、寺田屋まで行きます。
  

伏見時代扮装パレードの行列を大手筋アーケードで前から後ろまで撮ってみました。
  

最後尾から撮ってみました。寺田屋浜で一同が整列して記念撮影をした後に、寺田屋横の石碑前で休憩をします。
休憩中は、各自で記念撮影などをして、最後にお食事会のお店まで、酒蔵の街並みを移動します。パレードは30分ぐらいです。
  

2007年に行われた「伏見時代扮装パレード」の様子です。

〜御香宮神社の行き方〜
市バス「御香宮前」下車。/近鉄「桃山御陵駅」下車、徒歩3分。/京阪「伏見桃山駅」下車、徒歩5分。/JR「桃山駅」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)