二宮神社例祭(二宮神社)

5月4日に二宮神社で例祭が10:45より行われます。(兵庫県神戸市:5月の歳時記)
二宮神社例祭では地域を神輿が華みこしが練り歩きます。例祭は神社にとって大事な祭事です。
神輿に御魂を乗せ地域の安全や繁栄を祈願します。


最初に本殿で神事が。祓いや祝詞など。


神輿に御霊を移した後で猿田彦さんが天地清めの舞を披露。
猿田彦(天狗)さんが舞をするのは珍しいと思います。


11:00頃に太鼓を先頭に神輿の男女が出発します。


神輿は、3パターンほどあり、みこし甚句で始まったり無言で差したりと…
担ぎ手さんは3班あり、1と3は巡行。2は差し上げ専用。ちゃんとせい、それさ、ワッショイ。
ご祝儀をいただいた地点で、ご祝儀いただきました。皆々様の益々のご発展を願って全員で1本締め。


時折、交差点では…まわれまわれ、わっしょい。


公園で休憩した後、差し上げをしてから出発


神輿が氏子地域をまわり地域の安全や発展を願い神輿や華みこしが練っていきます。


途中、保育園により練ります。ここでは、子供みこし・神輿・華みこしの3基が。


二宮商店街に御旅所があり、ここで御旅所祭が。


商店街を出ると更に地域をまわりJR三ノ宮駅に。駅前で、天地清めの舞や神輿の差し上げなど。
※天地清めの舞は、各所で行われています。


この後、二宮神社に戻ります。
神輿より早く先頭の猿田彦の行列が神社に戻り最後の舞です。続いて、華みこしが。


最後は神輿です。神社前で練った後、境内に。


猿田彦の天地清めの舞の時、飛び上がるのは神事の後の1度だけです。

2017年に行われた「二宮神社例祭」の様子です。

〜二宮神社の行き方〜
JR「三ノ宮駅」下車、徒歩7分。

きょうの沙都(トップ)