鬼会式(八正寺)

3月3日に八正寺で鬼会式が行われます。(兵庫県姫路市:3月の歳時記)
播磨地方に悪病が流行した時に、本尊に悪病の根絶を祈願したところ,不動明王と愛染明王が退治したと言われてます。
天下太平・五穀豊穣・悪魔調伏を願って鬼会式が始まったようです。
鬼会式は本来、法要と護摩供だけですが、複数年に1度、昼鬼と夜鬼があり、法要以外に行列や鬼の舞があります。
2013年は、昼鬼が行われました。7年ぶりです。その前は23年前。※何年に1度って定まってないみたいです。
夜鬼の方は60年に1度と決まっているようです。


八正寺の薬師堂前には舞台が組まれています。
 

〜昼鬼のスケジュールは〜
潮かき 6:30(史料館) 7:00(出発) 7:30(白浜海岸で儀式)
道中行列 10:00(釈迦堂) 10:20(出発)
鬼の舞 12:00
護摩供養 13:00(内護摩)13:30(外護摩)
お面かぶり 14:00
餅花とお下がり 15:00(史料館)

潮かきから行きたかったのですが早朝に白浜海岸での行事。時間的に無理なので、道中行列に合わせて行きました。
道中行列では、子鬼神輿などが釈迦堂から薬師金堂まで練り歩きます。
子鬼神輿(赤・青)鉦・太鼓
  

八正寺付近で、鬼会式音頭を披露されます。
幟が練り歩いた後、薬師堂前の左右に立てられます。鬼の縄の前で、塩で道中を清めながら観音堂に入ります。
  

最初に観音堂で法要が行われます。法要が終わると観音堂から薬師堂まで、面箱を渡す儀式が。
この面箱の奪い合いと言う儀式があります。
面箱を触れたり開けたりするとご利益があるとされ、薬師堂に渡さないように妨害しようと若衆がされます。
観音堂から薬師堂までを何度も行ったり来たり…
  

何度か繰り返すと、今度は面箱の後ろに赤鬼・青鬼が続きます。
鬼の力で面箱を押していくのだが、それでも行ったり戻ったり。
  

ようやく面箱が薬師堂側に。そして金堂の中へ。
 

赤鬼・青鬼が登場。鬼の舞が始まります。舞で悪魔・厄を退散させます。
鬼の舞では鬼会式音頭が唄われます。「ハヤシ」とは全員が唱和。
一。 「ハヤシ」尊者面、鬼尊者面
梅がさいたよ、薬師の庭に
「ハヤシ」鬼尊者面、尊者面
中村の栄えや鬼会式
二。 「ハヤシ」尊者面、鬼尊者面
緑いやます、木間をすけて
「ハヤシ」鬼尊者面、尊者面
赤と青との鬼会式
三。 「ハヤシ」尊者面、鬼尊者面
今ぞいでます、二体の尊者
「ハヤシ」鬼尊者面、尊者面
天地和会の鬼会式
四。 「ハヤシ」尊者面、鬼尊者面
縁結ばる、伏見の都
「ハヤシ」鬼尊者面、尊者面
千歳かはらぬ鬼会式
五。 「ハヤシ」尊者面、鬼尊者面
御霊験尊し、尊者の行は
「ハヤシ」鬼尊者面、尊者面
永遠の誇り鬼会式

赤鬼は、不動明王。青鬼は愛染明王の化身とされています。
  

鬼の舞が終わると金堂で内護摩、そして内護摩の火を松明の移し、護摩供に。
護摩供での祈祷が終わると、火床に飾られていた餅花・大弊を、いっせいに皆さんが取ります。
  

火床に点火すると、法螺貝や祈祷が続き、途中で護摩木を火床に投げ入れます。
 

護摩供と平行するように、お面かぶりがあります。赤鬼・青鬼の面をかぶせ厄を祓います。
お面かぶりに参加するため長蛇の列が出来ています。
  
赤鬼は阿形 角は2本牛の角のごとく強く曲がって前へつき出す。
眉は太く、目は丸く強く飛び出し、鼻は高くかつ横に広がり、口は大きく開いて歯をむき出している。
青鬼は叫形 縦に4本の角を持ち、眉は赤鬼よりも太く、目は丸く強く飛び出しているが、
目尻は赤色で長く裂けた形を表現する。大きな鼻に接して、一文字にむすんだ口とその下に長い顎をもつ。

お面かぶりが終えると、史料館で餅花とお下がりを配布されます。


複数年に1度の祭事ですから予定の予定スケジュールで進行していません。
昼の鬼会式・夜の鬼会式は複数年ですが、鬼会式は毎年おこなわれています。


2013年に行われた「鬼会式」の様子です。

〜八正寺の行き方〜
山陽「白浜の宮駅」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)