火焚祭(土佐稲荷岬神社)

11月下旬に土佐稲荷岬神社で、火焚祭が11;00より行われます。(京都:11月の行事)
秋の収穫/五穀豊穣/厄除け/地域の安全などを願いつつ、護摩木に書かれた諸々の願いを祈願する行事です。
土佐稲荷岬神社は、坂本龍馬像が置かれている神社で、花街にある神社の一つです。
京都には花街が5つあり、それぞれに神社があります。火焚祭も同様に行われています。


土佐稲荷岬神社の火床です。


本殿で神事が行われ、神事の途中で、火床に火をつけます。火がつくと下火になるまで神事は中断します。


土佐稲荷岬神社は、無人の神社の為に、八坂神社から神職さんが来られるので、素焼きの盃がいただけます。
下火になると再び、神事が行われます。その後に直会で、おさがりが配られて終わりです。


2009・15年に行われた「火焚祭(土佐稲荷岬神社)」の様子です。

〜土佐稲荷岬神社の行き方〜
市バス「四条河原町」下車、徒歩3分。阪急「河原町駅」下車、徒歩3分。

京都で行われる【火焚祭】