火焚祭(瀧尾神社)

11月最後の日曜日に瀧尾神社で、火焚祭が14:00に行われます。(京都:11月の行事)
秋の収穫/五穀豊穣/厄除け/地域の安全などを願いつつ、護摩木に書かれた諸々の願いを祈願する行事です。


瀧尾神社の火床です。


氏子の方々参列されると、最初に祓いが行われ、続いて祭壇や火床の祓いも行われます。続いて、神事が本殿で行われます。


本殿での神事が終わると、境内の火床場所に、祓いながら場所を移動します。
神職さんが所定の位置に座られると、境内を清める為に巫女さんが神楽を舞います。


神楽が終わると、火床に火がつけられ、大祓詞を読み上げます。


大祓詞が終わると、境内に設けられた祭壇の供物を火床に入れます。御神酒、塩からスルメ、野菜、ミカンまで。


火床に供物を入れた後は、本殿で、再び神事が行われます。最後に、本殿前で御神酒をいただきます。

2008年に行われた「火焚祭(瀧尾神社)」の様子です。

〜瀧尾神社の行き方〜
京阪・JR「東福寺駅」下車、徒歩3分。

京都で行われる【火焚祭】