火焚祭(武信稲荷神社)

11月第2日曜日に武信稲荷神社で、火焚祭が15:00に行われます。(京都:11月の行事)
秋の収穫/五穀豊穣/厄除け/地域の安全などを願いつつ、護摩木に書かれた諸々の願いを祈願する行事です。
武信稲荷神社では、護摩木の他に、絵馬も祓い清めます。


武信稲荷神社の火床です。中には、四・八角形の井桁が入っています。


本殿での神事が終わると、火床に移動して火床・拝殿・護摩木の4ヶ所を順々に、3名の神職さんが祓い・清めをします。
火床に藁などで火をつけ、護摩木を入れ炊き上げます。護摩木は参列されている方も入れられます。その後、大祓詞を唱えます。
護摩木がなくなると、火床にミカンを入れ焼ミカンにします。最後に、おさがりが配られます。


火床で、護摩木を炊き上げている最中に、拝殿では祈願されている絵馬を神火で祓い清めます。
武信稲荷神社の印字が刻まれた板に、竹の御弊が付いた絵馬とでも言うのでしょうか、それを炊き上げた火にあて祓っていきます。
板の裏には氏名など、祈願してもらいたい事が書かれています。


2009年に行われた「火焚祭(武信稲荷神社)」の様子です。

〜武信稲荷神社の行き方〜
市バス「みぶ操車場前」下車、徒歩3分

京都で行われる【火焚祭】