お火焚祭(大将軍八神社)

11月23日に大将軍八神社で、お火焚祭が13:00に行われます。(京都:11月の行事)
秋の収穫/五穀豊穣/厄除け/地域の安全などを願いつつ、護摩木に書かれた諸々の願いを祈願する行事です。


大将軍八神社の火床です。正面に祭壇が作られていたので、全体の様子も。


最初に本殿で神事が行われた後に、火床の祭壇で、お火焚祭の神事が行われます。
祭壇や護摩木、参列者を祓った後、祝詞奏上です。この後に、火床を祓います。その時に、清めの紙を撒きます。


次に、刀で火床と護摩木を清めます。


神前からの火を松明に点け、火床に点火します。火床に火がつくと大祓詞を読まれ、護摩木を入れていきます。


2008年に行われた「お火焚祭(大将軍八神社)」の様子です。

〜大将軍八神社の行き方〜
市バス「北野天満宮」下車、徒歩5分。/嵐電「北野白梅町駅」下車、徒歩5分。

京都で行われる【火焚祭】