御火焚祭(清浄華院)

11月28日に清浄華院で、御火焚祭が16:00に行われます。(京都:11月の行事)
秋の収穫/五穀豊穣/厄除け/地域の安全などを願いつつ、護摩木に書かれた諸々の願いを祈願する行事です。
清浄華院にある山王権現社が以前に消失した為に御火焚祭は2011年に、140年ぶりに行われました。


清浄華院の火床です。



火焚祭の前に護摩供養が行われます。護摩供養が終わると本殿前の山王権現社で火焚祭が。
祭壇の前で祈祷・法要が行われ祭文が読み上げられ、火床にロウソクの火から点火。


火床に火がつくと、僧侶さんらと共に大祓詞を唱えます。信者さんも唱えます。


火焚祭が終了すると祭事の趣旨などを話されます。また、焼きミカンやお下がりが配られます。
山王権現社の御神体が…祭壇に置かれています。


2015年11月28日の御火焚祭(清浄華院)の様子です→→→→→こちら

2011年に行われた「御火焚祭(清浄華院)」の様子です。

〜清浄華院の行き方〜
市バス「府立医大病院前」下車、徒歩5分。

京都で行われる【火焚祭】