火焚祭(幸神社)

11月23日に幸神社で、火焚祭が行われます。(京都:11月の行事)
秋の収穫/五穀豊穣/厄除け/地域の安全などを願いつつ、護摩木に書かれた諸々の願いを祈願する行事です。


幸神社の火床です。


神事が行われた後に、境内を祓った後に、火床に火がつけられ大祓詞を読み上げます。
護摩木の火が弱くなったところでミカンを焼きミカンにします。ミカンを焼くと風邪に効く成分がでるそうです。


神職さんが、火焚祭を知られるには、一般的な所でなく、個人でやられている所の方が意味があるらしいです。
最近は神事など見せる火焚祭になりつつありますが、個人でされている所は、本来の火焚きだと言われています。

2007年に行われた「火焚祭(幸神社)」の様子です。

〜幸神社の行き方〜
市バス「河原町丸太町」下車、徒歩5分。

京都で行われる【火焚祭】