火焚き祭(鷺森神社)

12月5日に鷺森神社で、火焚き祭が15:00より行われます。(京都:12月の行事)
秋の収穫/五穀豊穣/厄除け/地域の安全などを願いつつ、護摩木に書かれた諸々の願いを祈願する行事です。
本殿で神事が行われた後に、火床に火をつけます。


鷺森神社の火床です。


本殿で神事が行われます。神事の途中に、本殿にある神火をローソクにつけ、火床に点火します。
続いて、篝火にも火をつけます。



続いて、神楽です。07年は2名で舞を。※1名の時もあり。参列者や見学者に清めの鈴でお祓いをします。
神楽が終わると、湯立神楽が行われます。
湯立神楽の後に、もう一度本殿で神事が行われ、本殿と左右の社を祈願して終了します。



神事が終わると、火焚き祭の供養として、ミカンとオコシが配られます。
新鮮な野菜や果実の販売が行われます。地元の人が買い、あっと言う間に完売しました。


2007年に行われた「火焚き祭(鷺森神社)」の様子です。

〜鷺森神社の行き方〜
市バス「修学院道」下車、徒歩5分。/叡電「修学院駅」下車、徒歩10分。

京都で行われる【火焚祭】