火焚祭(六請神社)

11月第4日曜日に六請神社で、火焚祭が14:00に行われます。(京都:11月の行事)
秋の収穫/五穀豊穣/厄除け/地域の安全などを願いつつ、護摩木に書かれた諸々の願いを祈願する行事です。
六請神社の火焚祭は、氏子さんや地域の親睦の為に行われていて六請会のメンバーで行われています。


六請神社の火床です。


最初に本殿で神事があり、続いて力石大明神で神事があります。火焚祭は、力石大明神って事です。
参列者さんを祓い祝詞で玉串です。火床の点火は氏子さんが適当にされます。なので、神前の火とかまったく関係なし。
火床に火が点火されると、全員で大祓詞を唱えます。大祓詞を唱え終えると、神職さんは退場。
その後で、六請会の人が護摩木を入れていきます。それもちょっとづつ。1時間ほどかけて護摩木を入れるようです。


2010年に行われた「火焚祭(六請神社)」の様子です。

〜六請神社の行き方〜
嵐電「等持寺」下車、徒歩5分。

京都で行われる【火焚祭】