火焚祭(若一神社)

11月10日に若一神社で、火焚祭が14:00に行われます。(京都:11月の行事)
秋の収穫/五穀豊穣/厄除け/地域の安全などを願いつつ、護摩木に書かれた諸々の願いを祈願する行事です。
若一神社は、平安時代に平清盛の別邸を造営し、若一王子の御霊を御神体に置いたのが始まりとされています。
若一神社前には、大楠があり、ここに楠社があります。ここで火焚神事が行われます。
ここの御神水は銘水として知られ、開運などに良いとされ、水を汲みに来る人も多いです。


若一神社の火床です。


本殿で神事が行われます。神事が終わると楠社で、火焚神事が執り行われます。神職さんや一般の人も護摩木を入れます。


若一神社では、お神酒やぜんざいが無料で振舞われます。


2007年に行われた「火焚祭(若一神社)」の様子です。

〜若一神社の行き方〜
市バス「西大路八条」下車。/JR「西大路駅」下車、徒歩5分。

京都で行われる【火焚祭】