大御火焚式(九頭竜大社)

11月24日に九頭竜大社で、大御火焚式が10:00に行われます。(京都:11月の行事)
大御火焚式では、念願成就・災厄消除・地域の安全などを願いつつ、護摩木に書かれた諸々の願いを祈願する行事です。
九頭竜大社は2014年、御発祥60周年みたいでした。


九頭竜大社の火床です。


神職さん等が列になり本殿に移動し、本殿祭が。建物内での神事なので様子は分かりません。


本殿内での神事が終わると本殿巡拝をします。本殿裏を祓い、御霊水所を祓います。


巡拝が終わると火焚祭です。火床には、まわりの四角に塩が盛られています。
火床に点火すると神剣で火床を清めます。火床に向かって全員が手を合わせます。


護摩木はそれぞれに配られ、火床に入れていき最後に塩を四方向から清めて行きます。
最後は御守りをいただき、御神酒を。そして巡拝します。


2014年に行われた「大御火焚式(九頭竜大社)」の様子です。

〜賀茂波爾神社の行き方〜
京都バス「九頭竜大社」下車。

京都で行われる【火焚祭】