聖徳太子御火焚祭(広隆寺)

11月22日に広隆寺で、聖徳太子御火焚祭が13:00に行われます。(京都:11月の行事)
22日は、聖徳太子の命日であることから、太子に御法楽を捧げるのと、信者さんの様々な祈とうを願うためです。
全ての心の煩悩や罪など、身に降りかかる災難を払い清め、清浄な生活に戻っていただくために行われています。


本堂での法要が終わると、境内で護摩供養が13:40頃に行われます。
最初に刀・弓・オノなどの儀式を行い松明の火を護摩壇に点けます。


松明の火を護摩壇に点けます。火床に火がつくと山伏さんらが、護摩木を祈願しながら入れていきます。


2006年に行われた「聖徳太子御火焚祭(広隆寺)」の様子です。

〜広隆寺の行き方〜
市バス・京都バス 「太秦広隆寺前 」下車。/嵐電「太秦駅」下車。

京都で行われる【火焚祭】