火焚祭(御霊神社)

11月18日に御霊神社で、火焚祭が13:30に行われます。(京都:11月の行事)
秋の収穫/五穀豊穣/厄除け/地域の安全などを願いつつ、護摩木に書かれた諸々の願いを祈願する行事です。
境内では、さえずり市が行われています。
御霊神社は、崇道天皇を祭神にしたのが始まりとされ、平安時代に疫病などが流行り、幾度も御霊会を催したと言われています。


御霊神社の火床です。神社さんも試行錯誤をされているようです。06年/07年/08年、3年とも違います。


舞殿で神事が行われ、続いて火床の祓いをした後で、火焚祭の神事が行われます。祝詞を読まれます。


火床の前で、御神酒/塩/米を撒いた後に、神前からの火で火床に点火します。


火床に点火されると、護摩木の焚き上げが行われ、大祓詞を唱えます。


舞殿では、巫女さんによる神楽舞が行われます。舞殿前の参道にて、湯立神楽も行われ、最後に、お祓いも行われます。


湯立神楽が終わってから楼門付近で、おさがりが配られますが、数に限りがありますのでお早めに。
舞殿前では、湯立神楽に用いられた笹も配られます。

2008年に行われた「火焚祭(御霊神社)」の様子です。

〜御霊神社の行き方〜
市バス「烏丸鞍馬口」下車、徒歩3分。/地下鉄「鞍馬口駅」下車、徒歩5分。

京都で行われる【火焚祭】