火焚祭(市五郎大明神社)

11月8日に市五郎大明神社で、火焚祭が13:00に行われます。(京都:11月の行事)
秋の収穫/五穀豊穣/厄除け/地域の安全などを願いつつ、護摩木に書かれた諸々の願いを祈願する行事です。
市五郎大明神社は、御土居の上に鎮座されている社です。


市五郎大明神社の火床です。


市五郎大明神社で神事が行われます。※ ご神体を撮影するのは禁止との事なので、横から撮りました。
途中で社や石灯籠などを祓い、火床の後、参列者さんを祓います。
神火を数本の線香に火を点け、火床に移します。
火が燃え上がると、護摩木を焚きあげます。すべての護摩木に印をして、祈願していきます。
火焚祭の最後に、火焚祭や日頃の事についての話をされ、終了します。


最後に、火床にミカンを入れ、焼ミカンに。おさがりも配られました。
たぶん京都では一番、おさがりが多いと思います。


2009年に行われた「火焚祭(市五郎大明神社)」の様子です。

〜市五郎大明神社の行き方〜
市バス「西大路御池」下車、徒歩5分。

京都で行われる【火焚祭】