火焚祭(日吉神社)

12月中旬の日曜日に日吉神社で、火焚祭が行われます。(京都:11月の行事)
秋の収穫/五穀豊穣/厄除け/地域の安全などを願いつつ、護摩木に書かれた諸々の願いを祈願する行事です。
日吉神社は、護摩木でなく人形を火床に入れ焚きあげます。人形は参列している人、全員が対象です。



日吉神社の火床です。


本殿で神事が関係者さんのみで行われます。神事は一般的な、祓い・祝詞・玉串です。


本殿での神事が終わると境内に設けられた祭壇にて火焚祭の神事が。
祓い・祝詞の後に、神前からの火を藁に移し火床に点火します。


2013年に行われた「火焚祭(日吉神社)」の様子です。

〜日吉神社の行き方〜
市バス「錦林車庫前」下車、徒歩3分。

京都で行われる【火焚祭】