火焚祭(越後神社)

11月第3日曜日に越後神社で、火焚祭が11:00に行われます。(京都:11月の行事)
秋の収穫/五穀豊穣/厄除け/地域の安全などを願いつつ、護摩木に書かれた諸々の願いを祈願する行事です。


越後神社の火床です。


越後神社は、福鷹龍神と福徳稲荷の2つがあり、2つの神社で神事を行います。


祓い・祝詞・玉串が終えると火焚祭があります。火床のまわり、忌竹の四方を祓い清め、火床を祓い清めます。


続いて火床に点火し、それと同時に大祓詞を宮司さんが読み上げ、護摩木を火床に入れます。
神職さんに続いて、参列者さんも入れていきます。


護摩木を入れ終えると、最後に宮司さんが三種(塩・酒・米)を火床に入れ、。最後は火床にミカンを入れ焼ミカンに。


2012年に行われた「火焚祭(越後神社)」の様子です。

〜越後神社の行き方〜
市バス「堀川三条」下車、徒歩2分。

京都で行われる【火焚祭】