針供養大祭(姫路神社)/姫路市

12月8日に姫路神社で針供養大祭が11:00に行われます。
針供養は日頃、和裁・洋裁・手芸・畳・鍼などで使っている針に感謝する行事です。
長年つかって折れた針などを収め、これからの和裁・洋裁・手芸の上達を願います。
針供養では、コンニャクや豆腐に針を刺して、日頃の労をねぎらいます。
姫路神社の針供養大祭では、日本和裁士会や兵庫県支部西神地区の方々が参列されます。


姫路神社は姫路城の横にある神社です。城もハッキリと見えます。
行ってみると、ぜんざいが振る舞われていたので、いただきました。姫路神社はコンニャクでした。


神事が始まり、祭壇や参列者(日本和裁士会、兵庫県支部西神地区)を祓い祝詞が…


参列者の方が祭壇に置かれているコンニャクに針を刺していかれ、手を合わせます。


参列者さん全員が刺し終えるとコンニャクを持って針塚に移動します。


針塚の前で、もう一度コンニャクに針を刺していきます。


この後、針は針塚に納められます。


〜姫路神社の行き方〜
神姫バス「姫山公園(南・北)」下車、徒歩5分。

京都近郊で行われる【針供養】