煤払い(西本願寺)

12月20日に西本願寺で煤払いが7:00に行われます。(京都:12月の行事)
西本願寺で行われる恒例の行事で、1年の汚れがたまった西本願寺の堂内を掃除します。
門徒さんが全国から集まり、畳を棒でたたき、埃を外に出します。
煤払いを通じて、この1年間を無事に過ごせたことを感謝し、清掃奉仕を行います。


早朝にもかかわらず、西本願寺に僧侶さんや全国から集まった門徒さんや奉仕団の方々が勢揃いします。
 

堂内の中に左右の像が置かれ、白い幕で覆われています。長い棒状のほうきで門主さんが煤払いをして、全員が頭を下げます。
  

続いて、門徒さんが一斉に、内から外に、畳を棒でたたき、埃を出します。大きな団扇で、後ろからあおぎ、送風機も使って外に埃を追い出します。
奉仕団は多くいて、一列になり一斉に叩き室外に出す光景も…もぉ、埃だらけ、埃が充満しています。
一斉に、畳を叩くので、誰もが完全防備です。役割分担みたいのがあり、畳だけでなく、柱や、上方までも掃除をします。
門徒さんは、40分くらいされていたと思います。門徒さんが帰られてからも上方などは脚立を使って続けられています。
  

門徒さんもカメラマンさんも、煤払いには、マスク・手ぬぐいは当然です。完全防備体制でお出かけ下さい。

2007年に行われた「煤払い」です。

〜西本願寺の行き方〜
市バス「西本願寺前」下車。

きょうの沙都(トップ)