鑽火式(八坂神社)

12月28日に八坂神社で鑽火式が4:00に行われます。(京都:12月の行事)
鑽火式は、12月31日の「をけら詣り」の智火を作る行事です。
桧の火鑽杵、火鑽臼で浄火を作り、本殿内の「をけら灯籠」に火を移します。

鑽火(きりび)とは、ヒノキなどの堅い板に棒でおこした火です。祭事では、本殿内で浄火を作ります。20分程度です。


12月31日に祭典があり、境内3箇所の「をけら灯篭」に「をけら火」を移します。詳しくは、をけら詣りのページで見て下さい。
 

2006年に行われた「鑽火式」の様子です。

〜八坂神社の行き方〜
市バス「祇園」下車。/京阪「祇園四条駅」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)