針供養祭(幡枝神社/針神社)

12月8日に、幡枝神社(針神社)で針供養祭が11:00に行われます。(京都:12月の行事)
針供養祭は、日頃お世話になっている針が折れたりして役目が終えた針に感謝をして、
今後の針仕事の上達を願って祈願します。

当日は、使い古しの針などの受付もしています。この針供養祭は、京都本みすや針組合の方々が行われています。


着物・洋裁や針関係者さん出席のもと、神事が行われます。


針供養祭に参列された方々が、コンニャクに針を刺します。
続いて、玉串を。これは、見に来られた人すべてが対象となりました。


その後、趣旨などの説明が行われ、お供養を参列者と見に来られた全ての人に配られました。


お供養の数や参列者さんにより、京阿月の三笠は、配られない年度もありますので。

2007・2015年に行われた「針供養祭」の様子です。

〜幡枝神社(針神社)の行き方〜
京都バス「幡枝」下車、徒歩10分。

きょうの沙都(トップ)