義士祭(瑞光院)

12月14日に瑞光院で義士祭が10:00に行われます。(京都:12月の行事)
元禄14年(1701)、赤穂藩主浅野内匠頭長矩が、江戸城松の廊下で、吉良上野介義央に刃傷に及んだ。
徳川幕府が両名に示した内容は、吉良上野介義央は辞職に。浅野家はお家断絶、長矩は切腹。
赤穂の国から山科に隠棲した元家老の大石内蔵助良雄は、お家再興を願いつつも叶わぬことから、
藩主の無念を晴らそうと吉良上野介討ち入りを決意しました。


この瑞光院の法要は毘沙門堂の義士まつり行列とほぼ同時刻にあるので、毘沙門堂で行列を撮れば間に合わないのです。
義士祭では行列からの代表者さんが5名、浅野内匠頭長矩公の墓で焼香をします。


義士まつりの代表者5名(大石内蔵助・大石主税・矢頭右衛門七・遙泉院と区長)さんが来られて法要が。
  

大石内蔵助さん、遙泉院さんが順々に焼香を。最後に瑞光院の住職さんも。
  

法要が終わると、本体の行列が来るのを待ちます。ここで隊列を組み直して行列が始まります。
門前では、大石内蔵助・大石主税・矢頭右衛門七さんが待機されます。
行列はRACTOで休憩をし、ヒカリ屋駐車場ステージで芝居などをして岩屋寺・大石神社に。
  

2011年に行われた「義士祭」の様子です。

〜瑞光院の行き方〜
JR・京阪・地下鉄「山科駅」下車、徒歩17分。

きょうの沙都(トップ)