義士会法要(法住寺)

12月14日に法住寺で義士会法要が11:00より行われます。(京都:12月の行事)
義士会法要とは、あの有名な四十七士の事です。赤穂藩主浅野氏と吉良氏の江戸城松の廊下の話です。
大石内蔵助が山科に身に寄せて、何事もないように、一心に島原や一力など花街などの行き帰りに法住寺に立ち寄っていたそうです。
法住寺で、時の情勢や赤穂同士の会合なども秘に行われていたそうです。


四十七士を偲び法住寺で法要が行われます。信者さんは御詠歌を唱えます。法要の合間に舞妓さんが献茶式を行います。
  

舞妓さんが点てられたお茶を、別室の四十七士の木像が安置されている正面に置きます。
献茶式が終わると、法要が続けられ、参列された方々が、お焼香を順々にあげていき、四十七士を偲びます。
法要が終了すると、住職さんより、赤穂浪士四十七士や、法住寺に寄られた会話などを話されます。
  

義士会法要は、一応は有料です。何故、一応かと言えば、本堂での法要は無料でも見られるからです。
ただし、討ち入りソバや別室での舞妓さんによる献茶は有料です。討ち入りソバを食する場所には、席が用意されています。討ち入りソバです。


別室で、舞妓さんによる、お茶の接待があります。別室には、15名ほどが入室できます。
お茶券を色つきの券(順番)に交換して別室に入室します。、接待は、5回ほどの入れ替えとなります。
  

義士会法要だけ見られるのでしたら、無料で見られます。最前列で見られるのなら30分前に行かれることです。
最近は境内で太夫道中も行われています。


2007年に行われた「義士会法要」の様子です。

〜法住寺の行き方〜
市バス「博物館三十三間堂前」下車、徒歩3分。/京阪「七条駅」下車、徒歩7分。


きょうの沙都(トップ)