義士追悼法要(本妙寺)

12月14日に西方寺で義士法要が10:00より行われます。(京都:12月の行事)
義士祭とは、あの有名な赤穂浪士、四十七士の物語の事です。
元禄14年3月14日に江戸城の松之大廊下で浅野内匠頭長矩が吉良上野介義央に対して刃傷におよんだ。
殿中での刃傷に征夷大将軍徳川綱吉は激怒し、浅野長矩は即日切腹、赤穂浅野家は断絶と決まった。
それに対して、吉良義央には何の咎めもなかった。
赤穂藩士の多くは、喧嘩両成敗の武家の定法に反する幕府の裁定を一方的なものであると強い不満を持った。
元禄15年7月に浅野長広の広島浅野宗家への預けが決まり、赤穂浅野家再興は絶望的となった。
大石良雄は京都円山で会議を開き、吉良義央への仇討ちを決定する。
本妙寺では義士追悼法要と琵琶の奉納演奏が行われます。宝物館には四十七士の像が置かれています。


法要が宝物館で行われます。途中、参列者さんが次々に焼香を。


本妙寺には、義士の墓が。
吉田忠左衛門兼亮(よしだちゅうざえもんかねすけ)吉田沢右衛門兼貞(よしださわえもんかねさだ)
貝賀弥左衛門友信(かいがやざえもんとものぶ)貝賀妻おさん。


義士祭では、討ち入りソバが。本堂前では、Aonによる演奏が。


本妙寺では、京都琵琶協会による奉納演奏が。◎薩摩琵琶○筑前琵琶
松の廊下◎(武宮卓誠)別れの盃○(細野旭香)雪晴れ◎(藤田永水)


赤埴源蔵○(市川旭紀三)村上善剣◎(小林延水)別れの盃○(岡田旭洋)


南部坂○(新家旭桜)義士の本懐○(高橋旭妙)大高源吾◎(稲葉卓水)


義士の討ち入り◎(奥村修水)


2013年に行われた「義士追悼法要」の様子です。

〜本妙寺の行き方〜
市バス「東山仁王門」下車、徒歩1分。

きょうの沙都(トップ)