大根供養(鈴虫寺)

12月中旬頃に鈴虫寺で大根供養が10:00に行われます。(京都:12月の行事)
無病息災・恋愛成就・安全祈願・家庭隆盛・出世・商売繁盛を祈ります。正式名称は、大根供養・草鞋と千羽鶴の焚きあげです。
地蔵様は生命を生み大地を象徴する仏です。大地には根をはり大きく育つ大根。
地蔵様と大根は昔から深く結び合ってます。年度の最後の縁日には大根を振る舞って地蔵様を感謝します。


地蔵前で法要があり、法要の途中に焚きあげる千羽鶴を地蔵前で祈願します。


祈願し終えた千羽鶴や草鞋の焚きあげが。


焚きあげが終了すると参拝者さんも地蔵に向かって手を合わせます。
わらじをはいた地蔵様として知られ、願い事をすれば、貴方の家まで願い事をかなえて下さる幸福地蔵です。


当日は大根炊きが無料接待されます。会場には無病息災・家内安全と書き込まれた大根が。
拝観する人は緑色の引換券が拝観時に渡されます。拝観しない人は大根炊き会場でピンク色の引換券を渡されます。
それぞれの引換券を会場で渡して大根炊きをいただきます。


大根炊きの無料接待は2日間あります。24日は、納めの地蔵法要が行われます。

2013年に行われた「大根供養」の様子です。

〜鈴虫寺の行き方〜
京都バス「鈴虫寺」下車、徒歩2分。


きょうの沙都(トップ)