人形供養(本圀寺)

11月24日に本圀寺で人形供養が11:00か13:00に行われます。(京都:11月の行事)

本圀寺では人形供養が2月・6月・11月と行われています。それぞれの月により若干ですが名称は変わります。
大きくなっていらなくなった人形やぬいぐるみ。どこかでもらって捨てるに捨てられない人形やぬいぐるみ。
長い間、愛用していた人形やぬいぐるみ。それらを収め、供養していただきます。



境内には人形塚があり多くの人形が置かれています。
人形塚の後ろを見ると平成21年と書かれているので、歳時記そのものは、まだ数年といったところ。
回廊を渡り、本師堂で祈祷をされた後で本堂に移動して法要が行われます。
この法要は、信者さんをはじめ、一般の参拝者さんも参加できます。
本圀寺は日蓮宗の寺です。法要が終わると、参加者さんには11月なので御火焚饅頭がいただけます。
  

法要が終わると境内で人形供養が行われます。火床や置かれている人形を清めと祈願をされます。
  

次に火床に護摩木を入れ、祭壇からの火で火床に点火します。
火床には燃えやすいように油が多少まかれています。
  

火がつくと、塩や酒を火床に入れて清めます。人形塚に置かれている人形も同様にされます。
 

火床の前で妙法蓮華経(法華経)を唱えます。それと同時に、人形などを火床に入れ供養をします。
  

最後に、祭文を読み火床での祈願法要は終わります。参列者さんは、この後、堂内でも法要が
 

本堂の法要が行われる前に、おにぎり、うどん・そばの無料接待があります。
これは、来られている人、すべてが対象となります。

2012年におこなわれた「人形供養」の様子です。

本圀寺の行き方〜
地下鉄「御陵駅」下車、徒歩10分。

きょうの沙都(トップ)