鍋まつり(京都中央第一市場)

11月23日頃の休日に中央市場第一市場で鍋まつりが11:00より行われます。(京都:11月の行事)
中央市場第一市場は、5年周期で市場まつりが行われるのですが、それ以外は鍋まつりが行われます。
この鍋まつりでは海鮮から野菜に果物まで、市場に関係する品々が売り出されます。
市場内では、いろいろな鍋が200円・300円で食べられます。イベントとして解体ショーなども行われます。


市場の中は人で一杯です。この市場まつりには数万人の人が詰めかけます。
  

鍋まつりでは、いろいろな食材も購入できますが、もう一つのメインが、いろいろな鍋が食べられる事です。
鍋が200円・300円で食べられるのです。鍋を食べようと長蛇の列が出来ています。人気がある鍋は、15分以上の待ち時間も…

毎年、いろいろな鍋を実際に食べて、載せていきます。中には、なくなった鍋も存在しています。
芋棒
石狩なべ
ふぐ鍋
かに漁師鍋
とり鍋
京風大根だき
フルーツカレー
ハタ鍋
かに雑炊
はんなりお鍋(京都女子大
あんこう鍋
味噌ちゃんこ鍋
海鮮豚汁鍋
かき汁鍋
ブイヤベース風鍋(京都女子大
魚と松茸の寄せ鍋
舞鶴サザエ汁
きのこ伊那華そば
舞鶴つみれ鍋
ちゃんこ鍋
三陸のお魚を使ったお鍋京都女子大
松茸にゅうめん
とりとりなべ
カレーちゃんこラーメン
海鮮チゲ
京女海鮮かす汁(京都女子大
ふぐ雑炊
北海道産 じゃがいもキムチ鍋
京女と魚職人のあんこう鍋京都女子大
四国の黄金鱧鍋
具だくさん豚汁
鳴門うずしお鍋
鱧・松茸鍋
鳥なんばうどん
ふんわりかに雑炊
甘鯛にゅうめん京都女子大

食事する場所も多く作られていますが、来場者が多いので、座る所は、いっぱい。そこで、新たに立ち席も設けられています。
イベントなども行われたりする場合も。熊本県営業部長くまモンが登場。


鍋で一番人気があったのは、かに漁師鍋(300円)です。ここは長蛇の列が出来ています。
鍋は、どこも13:00頃には売り切れていきます。


「鍋まつり」の様子です。

〜中央卸売市場(第一市場)の行き方〜
市バス「七条千本」下車、徒歩5分。/JR「丹波口駅」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)