嵐山もみじ祭(嵐山)

11月第2日曜日に大堰川北岸を中心に大堰川一帯で、嵐山もみじ祭が行われます。(京都:11月の行事)
嵐山もみじ祭は、小倉山の紅葉をたたえ、嵐山一帯を守護する嵐山蔵王権現に感謝する祭です。
大堰川に浮かぶ船上は、平安絵巻を再現した衣装や優雅さが再現されます。
嵐山もみじ祭は、午前の部(10:30)と午後の部(13:00)の2回、行われます。


神事が行われた後に、鏡割りがあります。コップ半分ぐらいの御神酒が振る舞われます。
島原太夫さんのお点前が河川敷で13:00〜14:00まで行われます。
  

=もみじ祭の参加船です=
午前の部(6船)
午後の部(10船)
嵯峨大念仏狂言船 嵯峨大念仏狂言 嵯峨大念仏狂言船 嵯峨大念仏狂言
筝曲小督船 筝曲:小督をしのぶ 民謡・京寿船 民謡・舞踊
今様船 今様舞楽 今様船 今様舞楽
平安管弦船 管弦でしのぶ女人哀歌 平安管弦船 管弦でしのぶ女人哀歌
東映太秦映画村船 東映時代劇ヒーロー&パフォーマンス 東映太秦映画村船 東映時代劇ヒーロー&パフォーマンス
京楓流いけばな船 いけばなパフォーマンス 京楓流いけばな船 いけばなパフォーマンス
御神酒船
大覚寺船 古式花散華
天龍寺船 古笛尺八吹奏
車折芸能神社船 風流扇流し
野宮船 舞楽奉納
嵯峨大念仏狂言船は、大堰川に出ません。北岸を舞台として行われます。

午前の部に参加した、筝曲小督船です。嵯峨大念仏狂言船は、大堰川北岸で演じられます。
お手前が終了すると、島原太夫の道中が嵐亭前〜旧嵐山ホテルまで行われます。
  

=もみじ祭に参加した11船です=
今様船
民謡・京寿船
野宮船

御神酒船
大覚寺船
天龍寺船
車折芸能神社船

平安管弦船
東映太秦映画村船
京楓流いけばな船

大堰川には、様々な船が行き交っています。各船が岸に戻ってきました。
  

休憩時に扇をいただきました。朱色は、車折芸能神社船にも飾られてたものです。


車折神社の船の扇を手にいれるのには、休憩の時の下船や休憩後の乗船の時に頼めば、水に濡れていない扇がいただける可能性が大です。

2006年に行われた「嵐山もみじ祭」の様子です。

〜大堰川北岸の行き方〜
市バス・京都バス「嵐山」下車、徒歩3分。/嵐電「嵐山駅」下車、徒歩5分。/阪急「嵐山駅」下車、徒歩10分。

きょうの沙都(トップ)