狸谷山秋まつり(狸谷山不動院)

11月3日に狸谷山秋まつりが、狸谷山不動院の境内で行われます。(京都:11月の行事)
狸谷山不動院は、不動さんとして知られ、車の祈願や厄除けとして有名です。狸谷山秋まつりは、開山を記念する行事です。


狸谷山秋まつりの日程です。(※内容の変更あり)
10:30山伏と稚児の行列/11:00稚児すこやか祭・秋まつり御祈祷/11:30野外大護摩/12:30水子総供養法要
※2014年度は、時間が変更されます。

稚児の、お練り行列が本堂まで行きます。続いて、山伏さんが本堂に向かいます。
本堂で法要が行われ、信者さんも手を合わせています。本堂内では、大護摩で使われる智火が焚かれます。
 

智火を、本殿前道場に運び、篝火に点けます。
本堂で、法要が終わり、山伏の行列は水子地蔵の前を通り、本殿前道場に到着。山伏の問答が行われ道場に入ります。
  

道場に入ると大護摩に火が点けられる前に儀式が行われます。
法螺貝
オノ
祭文

篝火から火を移し、大護摩の前に・・・大護摩に火が点けられました。
  

煙が、上に勢い良く、本堂は煙の中に。
  

山伏さんは、各自に護摩木を入れ、護摩法要は終わります。その後、水子総供養法要が、水子地蔵前で行われます。

=先着1000名さんには「力だんご」が接待されます。(別の場合もあり)=


最前列でしたら、15〜30分前で十分に確保できます。力だんごは、多くありますので、十分に配布されます。

2006年に行われた「狸谷山秋まつり」の様子です。

〜狸谷山不動院の行き方〜
市バス「一乗寺下り松町」下車、徒歩20分。

きょうの沙都(トップ)