斎宮行列(野宮神社/嵐山)

10月第3日曜日に嵐山一帯で斎宮行列が行われます。(京都:10月の行事)
平成17年度より「斎宮夢行列」から「斎宮行列」に変更しました。
この斎宮行列は、伊勢神宮に向かう斎宮群行を再現したものです。斎宮群行は500名もの行列でしたが、斎宮行列は100名ほどの行列です。
斎宮とは、伊勢神宮にお仕えする皇女です。天武天皇の頃から後醍醐天皇の頃まで、約660年間に64人の斎宮が選ばれました。
斎宮は天皇のト定によって選ばれ、野宮で三年の潔斎の日々を送り、三年目の秋に伊勢に旅立ちます。
野宮神社で例祭が10:30に行われた後に、大堰川で禊儀の儀を14:00に行います。
前日祭が14:00〜17:00に嵐山水辺のコンサート・船上舞台で邦楽・クラシック演奏会・嵯峨大念仏狂言などが行われます。


斎宮行列巡行コース
野宮神社12:00→JR嵯峨嵐山駅12:30→造路通り(西進)→天龍寺前→中の島公園13:20→北乗船場14:00

※途中、JR嵯峨嵐山駅前地点で休憩があります

斎宮行列は一般参加出来る行事です。
行列に参加するには、参加協力費が必要で、配役により値段が違います。
女官
30,000円
官人
30,000円
騎乗官人
200,000円
火炬小女、戸座
20,000円
小学生男女
稚児
5,000円
5歳以上の男女
駕輿丁、白丁、雑色
無料
体力筋力の自身のある方に限ります

※火炬小女、戸座、稚児は保護者の同伴が必要です。
参加者には記念品と昼食があります。

嵐山に平安絵巻が繰り広げられます。優雅な装束をまとい、行列は続きます。
行列は、幟・
太鼓・文官。山城守の列(文官)監送使長官の列(騎乗官人・戸座・火炬小女・雅楽
  

斎宮代の列(文官・
斎宮代と駕輿丁・女官)命婦の列(女官)騎乗官人と神職さんが行列します。
  

JR嵯峨嵐山駅付近が休憩地点となっており、09年より、斎宮代さんが輿から牛車に乗り換えられます。
   

輿は神職さんが乗られ、行列は嵐山・渡月橋に向かいます。
 

斎宮行列の記念撮影が中の島公園で行われます。斎宮を中心に載せてみました。


御禊の儀が大堰川北岸で再現されました。斎宮行列者ならびに関係者さんが儀式に・・・
川面には雅楽台座や御禊の儀が行われる台座が設けられています。御禊の儀が行われる前に、雅楽で「君が代」の演奏を。
神主さんが祝詞を詠み、御禊の儀が14:00頃に始まりました。
神主さんが人形(ヒトガタ)流しを・・・人形とは紙の人形に災厄をうつし払うと言うものです。左胸・右胸・中央と紙の人形をあてがいます。
  

紙の人形を来られた人に配られていました。本来は川に流して払うものなのですが、多くの人が流せば川が汚れるので出来ません。

斎宮による御禊が執り行われます。台座には、斎宮・騎乗官人・火炬小女・戸座と、女官・文官の代表者が勢揃いです。
  
御禊の儀が終わると、関係者さんの紹介など一般的な式典になり、最後に雅楽の演奏と舞楽が龍船を施した台座の上で披露されます。

御禊の儀の場所には30分〜1時間前に行かれた方が良いです。

2005・09年に行われた「斎宮行列」の様子です。

〜野宮神社の行き方〜
市バス・京都バス「野々宮」下車、徒歩5分。/嵐電「嵐山駅」下車、徒歩10分。/JR「嵯峨嵐山駅」下車、徒歩10分。

〜中ノ島公園の行き方〜
市バス・京都バス「嵐山」下車。/嵐電・阪急「嵐山駅」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)