人形供養祭(宝鏡寺)

10月14日に宝鏡寺で、人形供養祭が行われます。(京都:10月の行事)
人形供養祭は、全国から持ち込まれた人形が年に一度、境内に並べられ、境内の人形塚で供養祭が行われます。
本堂では奉納行事、太夫さんの舞が行われます。
10:30人形塚前庭(献茶の儀・献花の儀(島原太夫)/詩の朗読(小桂)/読経・焼香・納灰の儀)11:00本堂(奉納龍笛演奏/奉納舞)


境内には、多くの人形が置かれています。人形塚では、供養祭が行われます。人形塚の前には、花束が置かれています。
読経・焼香が行われている最中に、太夫・小桂さんと勢揃いしています。
  

太夫・小桂・住職、それぞれに法要をされています。
   

お経が読まれているなか、供養祭に来られた一般参拝者も、焼香をします。
 

供養祭が終わり、本堂で奉納行事(龍笛演奏・奉納舞)が行われます。
 


2006年に行われた「人形供養祭」の様子です。

〜宝鏡寺の行き方〜
市バス「堀川寺之内」下車、徒歩1分。

きょうの沙都(トップ)